ブログトップ

曽我大穂、仕立て屋のサーカス、cinema dub monks

dubmonks.exblog.jp

富良野塾(倉本聰主宰)、閉塾。

高校生の頃、
学校の休みの日は全て、
日本中をあちこちヒッチハイクなどしながら
歩き回ってた。



高2の冬は、北海道を歩きまわった。


中途、
ふと、富良野塾に向かった。


向かうといっても,
ちゃんとした場所を知らなっかたので、
ヒッチハイク乗せてくれた方と
かなり迷った末、
山中の、
なんとなくな場所の道脇で降ろしてもらった。


日が暮れ、ぐんぐんぐんぐん暗くなる。


雪の中、

長い時間、、




ぼろぼろびしょびしょになりながらも
なんとか塾をみつけた。



「そういう旅行者を泊めるのはお断りしてます。」
とすぐさま断られた。



結局
塾生の代表、一番年嵩な方が
こっそり、泊めてくれた。
たしか、北村さんという名前。脚本家志望だったと思う。
あそこで断られてたら、寒さと疲れで、、どうなっていたか。
後々振り返り、なんて浅はか馬鹿な事をしたのかと、、、、思。
見せ物でもなく役者になるため必死に働きながら稽古してる場所に
理由もなく、泊めてくれ、見せてくれ、とは。


少し話が逸れるが、
僕の家には、テレビがなかった。
産まれたばかりの僕の粘膜系、とくに眼の充血・目やにひどく、
母親がテレビを苦手だったのもあるが
眼にもよくないのではとの理由で捨てたらしい。
ドラエモンやドカベンなどアニメは、ラジオのTV音声にチューニングし、
音だけで映ていた。

テレビが無い代わりに、本はくさるほどあった。
その中に、「倉本聰 脚本コレクション集」みたいなものが20~30冊有り、
一話一話、一冊一冊、
頭の中で想像しながら、
勝手に町や家や道を作り、
役者さんの顔も作り、
全部読み干した。


あの冬、
ただただ、シンプルに富良野塾をみたかったんだろうな。




こっそり泊めてもらい、こっそり入れてくれた塾のお風呂で
のぼせて倒れ、気絶してしまい、鼻血もだし、迷惑を何重も何重もかけ、
朝早くに出た。



『富良野塾 26年の歴史に幕。 多くの俳優、脚本家を育成。』
というyahooニュース。


富良野塾が今日、終わったそうです。


北村さん元気かな。




d0150020_13495535.jpg
























by cinemadubmonks | 2010-04-05 04:24 | 本や旅の事。
<< ジョン・ルーリー(John L... 沖縄から >>